有限会社大橋工業 努力をおしまず、精巧な技術で、未来をみすえてあらゆる金属加工・仕上げを行う会社です。
トップページ製品紹介会社概要コラム                  ふぁーむ庵お問い合せ
NEWS2009年1月31日〜2月1日まで一泊での大橋工業の社員研修・同じ釜の飯を食う会が
社員(中国研修生を除く)26名全員参加で行われました。

>> コラム一覧へ戻る

1月31日〜2月1日まで一泊での大橋工業の社員研修・同じ釜の飯を食う会が社員(中国研修生を除く) 26名全員参加で行われました。社員間の親睦を図り強靭な組織を作る事。現在の経営環境に於いて、 個々の社員又、会社は今何をするべきか?・又、今後の大橋工業はどのように進むべきか等をテーマーに掲げ、 厳しい経済環境の中に玉野で大寒の厳しい寒中を狙っての初めての研修会です。外部講師には玉野出身のサン ベンディング社長千葉政行さんに急遽2日前に無理を言って御願いし、同じ釜の飯の食材は各工場単位の持ち寄り 〔お金は掛けない〕準備や片ずけも各工場の当番制。夜は寝具持参でファーム庵のフロアーに雑魚寝。翌日も早朝 よりビッシリとカリキュラムが組んであり午後4時過ぎまで熱い熱い研修が続き社員全員での一泊研修は初めての企画 でしたが社員も私も人生の中でも忘れえないほどに心に残る大変有意義で素晴らしい同じ釜の飯を食う会でした。 千葉社長には大雪の降る中、当社研修会講演のレジメまで作成して頂き心を打つ御講演を賜り誠に有り難う御座いました。
1月31日土曜日。
夜降り続いた雨が朝には雪に変わり大寒らしく厳しい寒さの吹雪に変わり大寒の研修には最高の天候の幕開けです。 ファーム庵に8時半集合。9時から研修期間中の安全を祈って神棚拝殿・開会式に続き吹雪の中カッパを着て駐車場にて、 恒例の全員掛け声を掛けてのラジオ体操で体を揉みほぐし、更に天候は最悪の猛風雪、社員の中の消防団幹部数名による 消防検閲式に行われる規律訓練と同じ方式で開始。私は消防団の経験が有りますが殆どの社員はキオツケの意味すら解ら ないのには驚きです。足を揃え背筋を伸ばし顎を引く指は伸ばして中指をズボンの外側縫い目にそえる・・・・ここぞと ばかりに得意げに厳しい口調で社員の檄が飛ぶ。右習い・整列編隊行進など横殴りの吹雪の中、私の心の中では足は冷たく 手袋は濡れて感覚が無くなり途中で切り上げようと何度も頭の中で誘惑に負けそうになりましたが集団研修において大事な のは規律なので老体に鞭を打ってつらい一時間を辛抱し無事、規律訓練が終わりホッとしたのも束の間。福島工場当番の食 事準備が始まり残った社員はカリキュラム通りに吹雪の野原しかも積雪の中で春の山菜採り、案内人は私だった。 20センチほど降り積もった雪をスコップや足で払いのけ3センチほどまで育ったフキノトウを50個ほど収穫、田んぼの用 水路の流水の中にはえている野ゼリを採る為凍てつく水の中に素手を入る。セリはまだ小さいのでの根っ子を掴んで僅かずつ 収穫、指の感覚が無くなり自分のノルマは達成したので後ろ髪を引かれる想いでしたが一人で暖の摂ってある庵内に避難。 厨房のぬるま湯で感覚の無い手先を温めると鈍い痛みがはしり痛みをじっと堪え何食わぬ顔でストーブで暖を摂り窓を見下 ろすと若い社員達だけが残り楽しそうにフキノトウ探しやセリを収穫していて帰ってこない。 帰還後に聞くと寒くも冷たくも無いと・・・。自分も間もなく56歳。若いのは気持ちだけである事が痛切に感じた次第です。
昨日に続き同じ釜の飯を食うパート2は、サンベンティング福島社長千葉政行様のご講演についてです。 11時に福島工場当番での準備が始まりお昼近くには外は20cmほどの積雪。千葉社長は雪で運転大丈夫かなと心配は しましたが昔は玉野に住んでいた人なのでこれ位の雪では驚かないはずと社員と話している所に千葉社長到着。福島は 雨だったらしく、開口一番に、なんだ此処は別の国に来たようだなと・・・玉野出身でも住んでいたのは38年前の話で 現在は福島に一戸建ての御殿を建築しているので福島や相馬から来た人は驚くのは無理は無い。 講師到着後雑談を交わしていると食事の準備が出来たとの知らせがありテーブルに着いた。各工場のメニューは他の工場 や私にすら秘密だ。各自食材持ち寄りの質素な食事を作る事としてるが質素と言えば質素だが出てきたのはカレーと汁に 漬物少々、配膳が終わって担当者が料理の説明によるとカレーとトン汁の中は全てイノシシの肉で作った豪華な食事で味も 最高何より講師の先生を交えて皆で食べる食事は又格別でした。

午後1時より研修会のメインイベントとして掲げさせて頂いた千葉社長の講演が私の講師紹介に続き開催。全員分の大橋工 業用研修会用のレジメや資料などを準備までして頂きました。レジメには同じ釜の飯を食う会の私思いと同じ会社に対する 帰属意識を高めるから始まり挨拶の大切さ・顧客の満足は最終ユーザだ・どんな人でも社内ナンバーワンに成れる。 の講演頃には社員が今まで私が見たことの無い眼差しで食い入るように見詰め話の中に吸い込まれているのが感じ取れました。 その他にも原理原則の話や障害者雇用によって自分や社員が元気を頂いている等など。前打ち合わせもせずに私がして欲 しかった意識の向上や心の真髄の話など2時間ビッチリ御講演頂き休憩を挟んでの質疑応答でも沢山の質疑があり講師の説 得力には場数を踏んで出来る講演では無く人間性と心から出てくるトークと知性がマッチングした素晴らしい講演でした。 謝礼はお支払い出来ないので質素なお昼ご飯をご馳走する事で了解頂きましたが、私と数名の社員とでリサイクルセンター のトモちゃんの素晴らしい唄を聞きコンサートが出来るものならば社員総出で焼き鳥を焼いてお客さんに食べて頂いたら コンサートも盛り上がると思うので是非協賛させて頂きたい旨の話が社員から要望として出ました。 二時間四十分ほどのご講演頂いて全社員で見送りに外に出てビックリ30cmほどに雪が積もり講師の先生は革靴、 スコップで除雪をしながら車まで到着。挨拶を終えて車が平坦な所はスムーズに走ったがゆるい勾配の斜面でスリップ皆で 後押ししてどうにか115号まで送りました。
千葉社長には大雪の最中貴重な後援を賜り厚くお礼を申し上げます、誠に有り難う御座いました。
千葉社長ブログに詳しく掲載されています。
http://www.sunvending.co.jp/blog_page.html
16時から・・
千葉社長お見送り後はISO監査団長によるISOのQMSの流れの基礎知識を以前コンサルタントより頂いて 勉強した資料を再度復習の形での勉強会です。ISOの監査人の資格は講習を受けて試験に合格しないと監査員に 成れません、現在は役職のある者だけが取得していますがISOを三つの工場で効率よく運用するには1人でも多くの 社員が資格を持って如何に理解できるか、にかかっています。 この不況化にISO処ではないのですが残るは最終審査だけとなりましたので何としても取得します。

17時から・・ 相馬工場当番の食事の準備。残った人は外の除雪作業、吹雪の115五号線はほとんど車の往来が無く黄色灯を回した 除雪車だけが何回も通り過ぎるだけで真っ暗の中の銀世界は幻想的な面持ちがあります。
18時30分・・ 相馬工場担当の食事。キムチ鍋・塩鍋・海鮮鍋・野菜炒め・アサツキの酢味噌和え・等質素な食事の意に反して豪華な 食事味付けも最高で鍋をたらふく食べご機嫌。
20時・・・ 原点を見つめる と題して私の講演です。10畳ほどの畳の座敷に25人でギュウギュウ詰めで膝と身体を合わせての講演 開始です。予定時間が延びてきているので私の講話は最後にする事として相馬・本社・福島・と各工場の社員同士社内新聞 で写真は観ているが顔を合わせたことも話した事も無い社員が多く居たので、軽い気持ちで自己紹介を3分以内に前職・家族 構成・特技・趣味・大橋工業で働いた感想は。などをテーマーに述べて貰う事に。まさか我が社の社員は3分は無理直ぐに終 わる・・はずが何と全員はなしが終わったのは2時間半後でした、話の内容は前職での話し・我が社には独身者や両親が亡く なって一人暮らしなどの社員も多く愚痴に似た想いを語る社員達。大橋工業で働いてての感想はについては・午後の講演千葉 社長の話を取り入れて話す社員が多かった。偶然の出会いなど無い全て必然的な出会いから始まるにたとえてこの会社が好きだ 定年まで置いて欲しいなどとたとえ嘘でも嬉しかった。 膝を交えて酒も煙草も飲み物も無く2時間半。私始め社員達にとってこの2時間半の本音で話す個人トークはコミニケーショ ンとしては最高の場となり生涯忘れえぬ想いでとなります。

22時30分・・・ ノミニケーション・・皆で酒を飲んで大橋工業の将来や社員間のコミニケーションを図る事が目的です。夕方私が酒のつまみ を準備しました。鳥の皮をあめ色になるまで炒め生姜・にんにく・七味・醤油で味を調えた極上のB級グルメと秋に収穫した 中国産の落花生の殻をはずし渋皮のままフライパンで炒ったピーナッツ・川俣出身者が実家から頂いて来たイノシシのレバー の燻製・イカの刺身・スルメイカ・ぽっぽ焼き・エシャレット・と豪華なおつまみばかり。乾杯して飲み始めたのは11時。 活発に色々な意見が出されましたが此の頃は急に酒が回って余り覚えていません。
2月1日。1時・・
消灯。雑魚寝の開始。私と数名は座敷に持参してきた布団を敷く、周りを見るとあらゆる場所を寝床と定めファーム庵の 店内は布団・布団だらけ。寒いのでストーブは つけっ放し。
消灯後・・・・・此の中の3人は厨房に行ってビールをコソネて3時まで飲んでいたと・私は熟睡で気が付きませんでしたが ・・このような研修中に掟を破る馬鹿者達には痛い厳罰が待っている。


2月1日。6時起床。布団をかたずけ早速野外でのラジオ体操、昨日の雪もやんで青空・まだ太陽が出ていないので寒い。 昨日の雪は40センチは超えたが食事当番以外は雪中行軍。長靴に雪が入らないように口元を紐で縛り片道2キロを40cm 積もった雪の中を歩きます。雪の中を歩くという事は膝を上に大きく上げないと足を前に出せないので非常に疲れます。 朝食当番は私と数名。私は得意の納豆作り、納豆36個を二つに分け片方は削り節・味噌・カラシ・醤油・ネギを混ぜての 特別製。別のは醤油と白菜の漬物の葉の部分(前日に母親に御願いして細かく切って置いた)を納豆に混ぜただけの シンプル な納豆。別の組はなめこ汁に昨日つめたい水に手を入れて収穫したセリが入り味は抜群。

7時半・・朝食。とてつもない量の納豆2種類が奪い合うように見る見る無くなってしまう、何で納豆に味噌なのかと馬鹿に していた社員に限ってご飯のお代わりをする。共同生活の中でいいのは皆で食事をする事が美味しくご飯が食べられ最高の コミニケーションで同じ釜の飯を食うの意味が社員達に通じたと思っています。
8時30分・・・ 原価低減・改善活動の勉強会。福島の工場長が講師となり改善活動のポイントや実際改善活動を進めている社員に意見を 聞いたり設備での問題の提示や原価低減活動を全工場の課題とし使用済み砥石の再活用には製品によっては別の工場に回して 再活用する。電気代の削減は消費電力の大きいコンプレッサーは使う時だけスイッチを入れる・少ない消費電力でもこまめに スイッチを切る習慣付けが大事。何より大事なのは仕事の上で製品の特性を知り無駄を無くした効率の良い作業法を各自基本 から見直し最も優れた方法を模索するなど朝から鋭い提案が多数出され次回の研修会までの課題まで話が進み有意義な原価低 減勉強会でした。早朝よりNHKのHさんが此の企画に興味を示し僅かの時間でしたが取材が有りました。今月末をめどにまだまだ取材は続き ます。

11時・・・ 待望の積雪急遽会社からスノーモービルを運び込みスノーモービルの試乗会です。 初めて乗る社員も多く大喜びでした。
11時30分・・・ 昼食の準備は本社工場朝に納豆ご飯を沢山食べたので控えめに雑炊に予定を変更昨日収穫したセリと事務員が差し入れて くれた凍み餅も入れての3種類の味付け雑炊。おかずは雪の中で収穫したフキノトウの天ぷらと人参・玉葱・干しえびのか き揚げ。元日本食の調理人の経験の有る社員が作りましたが今までこんなに美味しいかき揚げは食べた事が無く丸秘の作り 方を教わりました。

1時・・・ いよいよ最後のカリキュラム今回の同じ釜の飯を食う社員研修会に参加してについてのレポート発表。 仲間意識が出て今後とも現在の仲間とズーッと仕事がしたい。自己紹介の本音を聞いてあの人を誤解していた。 一番多かったのは千葉社長の講演で学んだ事に対する意見で、何でもいいから社内でNO1になる。家に帰ったら家族と 大きい声で挨拶を実行する。出会いは必然なもの出会いを大事にしたい。愚痴からは何も生まれないとの話を聞いて今後 は謙虚に仕事や全ての事において前向きに努力します。中でも次回の社員教育には又是非とも千葉社長の続きの話が聞き たいので是非又呼んで欲しい。等々沢山の発表が有りましたが詳しくは社内新聞でまとめます。 とにかく大成功の同じ釜の飯を食う社員研修会でした。

一泊二日の研修は社員初め私にとっても同じ釜の飯を食い同じ条件での共同生活。まさに僅かではあるが家族・兄弟だった ような気持ちになり、この社員達を何としても守らなければ等のプレッシャーも掛かりますが、この大不況の中で生き残るの には各工場間や社員同士が一丸となってあらゆる知恵や原価低減・技術力の向上に取り組む事によってこの不況を乗り越えたい。
この企画に絶大なご協力頂きました千葉社長有り難う御座います。
オマケ編
同じ釜の飯を食う・研修会において秩序を乱したり、共同生活上問題があった
社員の個人名を発表・・・
※ 夜中に盗み酒をして遅くまで起きていた3名。
※ 食事中大きな音のするオナラをした。
全て相馬工場の社員だった事もあり団隊責任として相馬工場全員が厳罰の対象となった。 厳罰は2つあって一つ目は雪モミの刑「雪の上になぎ倒し首の中やズボンの中を雪でモム」。しかし夜中まで起きていて 朝も早かったので可哀想になり別の刑に決定。写真参照。手首痛めの刑。に決定手首裏側に雪を載せて血管を収縮させ収 縮した血管に温かい血液が流れると鈍い痛みが走り時間が過ぎれば過ぎるほど痛みは強くなり3分間我慢させた。が、 この笑顔次回はもっと強い厳罰を考えなければ。

ページ上部へ戻る

COPYRIGHT 2007 OHASHI INDUSTRY INC. ALLRIGHT RESERVED.